戦国一の知略とも評される軍師・黒田官兵衛のゆかりの地をめぐる

HOME » 黒田官兵衛ゆかりの人物たち » 黒田二十四騎/黒田八虎

黒田二十四騎/黒田八虎

黒田官兵衛には、「黒田二十四騎」という優秀な側近がありました。中でも武勇を誇った黒田八虎の母里友信は「黒田節」にも謡われています。

黒田官兵衛を支えた「黒田二十四騎」の面々

日本では優秀な人間を集めて数字でくくり、評価・賞賛することがままあります。戦国時代においても武田信玄の側近からなる「武田二十四将」、黒田官兵衛、竹中半兵衛を「二兵衛(両兵衛とも呼ばれる)」などは、その代表的なものだといっていいでしょう。

その官兵衛にも優れた側近が多々あり、彼らはまとめて「黒田二十四騎」と呼ばれています。これは黒田官兵衛が「賤ヶ岳の七本槍」に倣い、部下を鼓舞するために、家臣の中から一騎当千の勇者24人を選出した呼称です。

初めは息子・長政も入れて25人でしたが、長政が家督を継いでからは二十四騎になっています。

「黒田二十四騎」の面々
井上之房、小河信章、菅正利、衣笠景延、桐山信行、久野重勝、黒田一成、栗山利安、黒田利高、黒田利則、黒田直之、毛屋武久、後藤基次、竹森次貞、野口一成、野村祐勝、林直利、原種良、堀定則、益田正親、三宅家義、村田吉次、母里友信、吉田長利

彼らは黒田家のために尽くし、数々の功績を残しています。

黒田官兵衛ゆかりの地/大分・熊本編

「黒田八虎」は精鋭中の精鋭

「黒田二十四騎」において、さらに優れた武将8人を選出・顕彰したのが「黒田八虎」です。選ばれた彼らは、まさに精鋭中の精鋭といえるでしょう。栄えある八虎として賞賛されたのは、井上之房、栗山利安、黒田一成、黒田利高、黒田利則、黒田直之、後藤基次、母里友信という面々。

その中でも後藤基次~又兵衛は有名で、歴史小説をはじめ、最近は漫画やゲームの世界にも登場していますから、名前を知る人も多いかと思われます。

基次は姫路の北東にある春日山城に栄えた地侍の一族で、黒田官兵衛の主君、小寺氏に仕えていました。しかし、官兵衛が有岡城に幽閉された時、一族が反逆したため、黒田家を離れます。官兵衛が九州に移ると、その重臣である栗山利安に仕え、関ヶ原の戦いでは長政の先手を務め、矢傷・刀傷をものともせず勇猛果敢に攻めるなど大活躍。

しかし官兵衛の死後、息子長政との関係が悪化し、またも黒田家を去ることになるのです。その後は「大阪の役」で秀頼に味方し、華々しい最期をとげます。

時代は徳川へ~運命の関が原~

「黒田節」に謡われた武将・母里友信

福岡の有名な民謡に「酒は呑め呑め 呑むならば 日本一(ひのもといち)のこの槍を~」の歌詞で知られる「黒田節」があります。

実はこの歌、歴史上の人物を歌ったもので、主人公は「黒田八虎」のひとり、母里友信。父は曽我一信という妻鹿の地侍であり、付家老として小寺氏に仕えていました。友信は母方の姓をとって母里を名乗り、官兵衛に出仕。播磨時代から常に黒田軍の先鋒として出陣。生涯あげた首数は76級であったと伝えられる剛の者です。

そんな友信は、ある日京都伏見城に滞留中の福島正則の元へ、長政の使者として使わされました。その時、正則は友信に酒をすすめます。友信は家中でも酒豪といわれていたのですが、「今日は使者として使わされた身」と誘いを固辞します。しかし、なおも正則は「飲み干せたなら褒美をとらす」と酒をすすめ、ついには「黒田武士は酒に弱い。だから飲もうとしないのだろう」と黒田家を貶めるようなことを言ったのです。

その言葉を受けて、友信はて大盃に注がれた数杯の酒を一気に呑み干します。そして正則が豊臣秀吉から拝領した名槍「日本号」を所望するのです。驚いた正則でしたが、約束通り、友信に槍を贈ります。この話が元になり、黒田武士の男意気を示す勇壮な歌が生まれました。

黒田官兵衛ゆかりの地/大阪・京都編

 
黒田官兵衛(黒田如水)ゆかりの地めぐりガイド