戦国一の知略とも評される軍師・黒田官兵衛のゆかりの地をめぐる

HOME » 軍師・黒田官兵衛の軌跡をたどる » 織田配下~絶対絶命の有岡城~

織田配下~絶対絶命の有岡城~

波乱万丈の人生を送った黒田官兵衛。有岡城に幽閉され、満身創痍の官兵衛を癒した有馬温泉などのゆかりの地をご紹介します。

強国にはさまれ、黒田官兵衛の下した決断

播磨の城のひとつ「明石城」家老として近隣大名との戦を勝ち抜いてきた官兵衛ですが、天下獲りに野心を燃やす織田信長、西国の大大名・毛利元就に領地を挟まれ、小寺氏をはじめ播磨の大名たちはどちらに付くかの決断を迫られていました。

主君政職をはじめ、家中の重臣たちの間で「毛利に付くべし」という声があがる中、官兵衛は破竹の勢いで領地を拡大する信長に将来性を感じ、織田に組することを主張。当時長浜城主だった羽柴(後の豊臣)秀吉に信長との謁見を依頼します。

秀吉のとりなしで信長との謁見が実現。官兵衛は信長に播磨国の情勢と見通しを尋ねられると「織田軍の早期出陣が、どちらに付くか迷う豪族たちを味方にする鍵でございます」と答えました。この言葉を聞いた信長は官兵衛の能力を認め、秀吉と播磨出兵を相談するように命じます。これがきっかけで、官兵衛は秀吉の麾下に付くことになり、すでに秀吉に仕えていた軍師・竹中半兵衛と運命の出会いをするのです。

絶体絶命!?荒木村重に囚われた黒田官兵衛

中国方面軍司令官にはなったものの、多忙な秀吉に代わり、官兵衛は播磨国の豪族を織田側に引き込むために奔走します。しかし、未だに織田家への帰属を良しとしない小寺家の重臣たちの抵抗も続き、苦労していました。

そこで官兵衛は織田家へ従順の意を示すために、息子の松寿丸(後の黒田長政)を人質に差し出します。1ヶ月後、信長が秀吉に播磨国への出陣を命じ、本格的な中国攻略が始まります。

ところが、ここで思わぬ事態が。信長の重臣であった有岡城の荒木村重が毛利方と手を結び、謀反を企てたのです。この危機に官兵衛は使者となり、単身荒木の説得に有岡城へと向かいますが、荒木は官兵衛に会うこともなく、地下牢に監禁してしまいます。

半兵衛が攻めた「三木城」の跡信長陣営では、いつまで待っても戻らない官兵衛に疑いの目が向けられます。そして業を煮やした信長は「官兵衛が戻って来ないのは裏切った証拠だ。人質の松寿丸を殺せ」と秀吉に命じるのです。困惑する秀吉。

その時、持病の労咳(結核)を押して三木城包囲に在陣していたもうひとりの軍師・半兵衛が「その役目、私が引き受けましょう」と松寿丸の元へ向かいます。

一方、官兵衛は寝ることも座ることもできない程狭い牢の中で、隙間から見える藤の花を心の支えに、秀吉軍が有岡城を落とす日をひたすら待ち続けていました。

幽閉生活の傷を癒した有馬温泉

官兵衛の傷を癒した「有馬温泉」約一年後、官兵衛は有岡城落城の際、家臣の栗山利安によって救出され、九死に一生を得ます。栄養状態が悪く、骨と皮だけになった体のあちこちにはかさぶたやあざができ、窮屈な形で幽閉されていたため、足は曲がったまま戻らないというひどい状況でした。

満身創痍の官兵衛を癒したのは、舒明3年(631年)に天皇の行幸のあったことが記され、道後・白浜温泉とともに日本最古泉の一つとされている有馬温泉です。官兵衛は有馬温泉池ノ坊での湯治によって回復し、その後も秀吉の側近として八面六臂の活躍をします。ちなみに秀吉も正室・おねとともに有馬温泉を訪れたことがあるそうです。

そして官兵衛の息子・松寿丸も生きていました。半兵衛は松寿丸の命を奪わず、家臣に命じて匿っていたのです。半兵衛の友誼に涙する官兵衛でしたが、その時、半兵衛はすでに亡くなっていました。

黒田官兵衛ゆかりの地/兵庫編

 
黒田官兵衛(黒田如水)ゆかりの地めぐりガイド