戦国一の知略とも評される軍師・黒田官兵衛のゆかりの地をめぐる

HOME » 軍師・黒田官兵衛の軌跡をたどる » 豊臣の天下~戦国一の知恵者~

豊臣の天下~戦国一の知恵者~

「本能寺の変」で動揺する秀吉を支え、明智光秀を討つべく「中国大返し」を献策した黒田官兵衛のエピソードをご紹介します。

備中・高松城攻略で冴える官兵衛の戦術

秀吉の大阪城有岡城の件で黒田官兵衛は織田家への忠義が認められ、小寺家から独立し、羽柴秀吉直属の武将となりました。不自由な身体ながら、官兵衛は輿に乗って出陣したと伝えられています。

中国征伐は続いており、天正10年(1582年)、秀吉と官兵衛は織田信長の命を受け、毛利氏配下・清水宗治の守備する備中国高松城に軍を進めていました。

備中高松城は低湿地を利用した平城(沼城)で、鉄砲・騎馬戦法にも強く、守るに安し、攻めるに難し厄介な城。どうやって攻めるか思考する秀吉に、官兵衛は近くを流れる川を堰き止め、城を水没させるという「水攻め」を進言します。秀吉はこの奇策を取り入れ、早速堤防を築きました。さらに梅雨の大雨も味方し、高松城は湖上に浮かぶ孤島と化します。

この奇策は成功し、水攻めのため、物資の補給路を断たれて兵糧米が少なくなった城内は動揺、毛利氏の援軍が来ないことも重なって兵の士気は低下。さらに水が城内まで入ってきたため、ついに城主・宗治は秀吉軍との講和に踏み切ります。

黒田官兵衛ゆかりの地/中国・四国編

中国大返し「秀吉様、今こそ天下を取るときです」

秀吉は講和条件として、「五国(備中・備後・美作・伯耆・出雲)」の割譲と城主宗治の切腹を要求します。

高松城攻略は、ほぼ成功と思われた矢先、天正10年6月3日(1582年6月21日)深夜、秀吉軍に不審な人物を捕らええます。それは明智光秀から毛利への密書を持った間者でした。そこには「信長が明智光秀の謀反により、本能寺で落命した」と書かれていたのです。動揺して泣き崩れる秀吉。しかし、官兵衛は秀吉にそっと告げます。「秀吉様、天下を取る機会が訪れました」と。

我に返った秀吉は宗治を切腹させ、講和を取り付けると、明智光秀を討つため京に向けて全軍を取って返します。備中国高松城から山城国山崎までの距離は約200km。

官兵衛は、先駆けを走らせ、秀吉の居城・姫路城まで、帰路に沿っての松明や炊き出し、替え馬・渡し舟などを手配、徹底させました。また、織田家配下の武将たちが光秀側につかないように「信長は生きている」との情報を流すのです。

6日(4日説もあり)に高松を発った秀吉軍は7日に姫路城に到着。全軍はここで休養をとりますが、このとき秀吉は、姫路城に備蓄してあった金銭・米穀を身分に応じて配下の将兵に分け与えたといわれています。その目的は光秀討伐。命がけではあるが、勝てばさらなる恩賞も期待できることを示したのです。

6月9日、秀吉は兵を率いて進撃を再開。11日には尼崎に到着し、中川恒興や高山右近ほか、畿内の武将に協力を呼びかけます。驚いたのは光秀でした。まさか秀吉がたった10日前後で引き返してくるとは思わなかったからです。

6月13日、秀吉・光秀軍は山崎で激突します(山崎の戦い)。結果は兵力に勝る秀吉軍が光秀軍を圧倒。光秀は敗走しますが、坂本城へ向かう途中、小栗栖で土民に襲われ命を奪われてしまいました。なお、この高松城から山崎の戦いに至るまで、わずか10日ほどでの大移動は「中国大返し」と呼ばれています。

「わしが死んだら天下を取るのは黒田官兵衛」

秀吉の居城「大阪城」光秀を破った秀吉は天下獲りへの第一歩を踏み出します。まず織田家の跡目相続で対立した柴田勝家を「賤ヶ岳の戦い」で破り、名実ともに織田家筆頭になると、信長の実子を立てるのではなく、自らが天下人になるべく動き出すのです。

しかし、それを阻む徳川家康をはじめ、紀州の雑賀衆・根来衆、四国の長宗我部元親、北陸の佐々成政、関東の北条氏政らが結んで「秀吉包囲網」を形成。秀吉陣営を圧迫します。

官兵衛は「小牧・長久手の戦い」で持ち前の外交に手腕を発揮、四国攻めに際しては、宇喜多秀家勢の軍監として加わり、諸城を陥落。長宗我部元親の策略を打ち破ったともいわれています。

天正15年(1587年)、九州平定後、ほぼ西日本を纏め上げた秀吉は家臣に対して論功行賞を行い、官兵衛も大名になります。しかし、その石高は豊前中津12万石。今まで秀吉のために働き続けた官兵衛に対し、あまりに少ない禄高でした。

秀吉が官兵衛を冷遇した理由は「信長死す」の一報が入ったとき、天下獲りを示唆した官兵衛に恐れを抱いたからだといいます。秀吉は官兵衛の先見の明と才気に触れ、「やがて自分を脅かす男」だと感じたのです。

無血開城をさせた「小田原城」秀吉様の思惑に気付いた官兵衛は、天正17年(1589年)、家督を嫡男・長政に譲って隠居。名も「如水軒」とします。

とはいえ、その後も秀吉の側近として仕え、天正18年(1590年)の小田原征伐では、単身で小田原城に乗り込み、篭城する城主北条氏政・氏直父子を説得。

名門北条家の矜持を讃え、将兵や町民の命の大切さを説き、無血開城を成功させるのです。この時、北条氏直から名刀「日光一文字」などの家宝を与えられています。

 
黒田官兵衛(黒田如水)ゆかりの地めぐりガイド