戦国一の知略とも評される軍師・黒田官兵衛のゆかりの地をめぐる

HOME » 大河ドラマから見る黒田官兵衛像

大河ドラマから見る黒田官兵衛像

NHK大河ドラマにおける黒田官兵衛像をご紹介いたします。

大河ドラマ『軍師黒田官兵衛』演じるはV6の岡田准一氏

黒田官兵衛は、2014年放送の大河ドラマの主役です。タイトルは『軍師官兵衛』。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康という戦国の三英傑に重用されましたが、類稀な才能ゆえに警戒され、秀吉には「自分の後を獲るのは官兵衛」とまで恐れられた武将の人生を描く時代ドラマです。

戦場では冷徹で鋭い観察眼を持つ軍師ですが、クリスチャンであり、和歌や茶の湯を愛した文化人という面を持つ官兵衛を、「天地明察」など時代劇の主役をで高い評価を受けている岡田さんがどのように演じてくれるか、歴史ファン、時代劇を中心に興味が尽きない作品になることでしょう。

なお脚本は1993年、映画「ゴト師株式会社」でデビュー、連続ドラマ「OUT」、民放連賞最優秀賞などを受賞した「空飛ぶタイヤ」など、多数の作品を手がけている前川洋一氏。クランクインは2013年8月を予定しているとのことです。

歴代大河で黒田官兵衛を演じた役者

官兵衛は、大河ドラマや映画、時代劇などで、さまざまなタイプの俳優が、それぞれ魅力ある官兵衛を担当しました。

  • 『太閤記』(大河ドラマ/1965年):田村高廣さん
  • 『おんな太閤記』(大河ドラマ/1981年):菅野忠彦さん
  • 『徳川家康』(大河ドラマ/1983年):入川保則さん
  • 『秀吉』(大河ドラマ/1996年):伊武雅刀さん
  • 『功名が辻』(大河ドラマ /2006年):斎藤洋介さん
  • 『江〜姫たちの戦国〜』(大河ドラマ/2011年):柴俊夫さん

とはいえ、基本的には脇役だった官兵衛が、今回は主役。主演の岡田さんも「自身も歴史が好き。全力を尽くしたい」と語っているだけに、今までの官兵衛像は残しつつも、新しい黒田官兵衛を創りあげてくれると期待します。 

大河で描かれたもうひとりの戦国軍師・山本勘助

大河ドラマでは、過去、官兵衛と同じく戦国時代の軍師として有名な「山本勘助」を主役にした『風林火山』(原作・井上靖、2007年1月7日から12月16日まで放送。46作目)という作品が作られています。主役の勘助は甲斐の武将・武田信玄(晴信)の軍師で、勇猛果敢で知られた「武田二十四将」のひとりに数えられています。

ドラマでは原作では語られなかった勘助の放浪時代から描かれており、農民の娘・ミツとのエピソードなど、オリジナルの要素が取り入れられているのが大きな特徴です。

主役の山本勘助を演じたのは内野聖陽さん。板垣信方役の千葉真一さんをはじめ、武田信玄役には歌舞伎役者・市川亀治郎、上杉謙信役にミュージシャンのGacktさんなど、演技力を重視した配役が重厚な物語を生み出しました。

 
黒田官兵衛(黒田如水)ゆかりの地めぐりガイド